【便秘薬】プランタゴ・オバタ種皮

プランタゴ・オバタの種皮

オオバコはオオバコ科の多年草で
古くから民間薬として利用されてきた
植物です。

オオバコの仲間は、その種類も多く
約200種にのぼると言われます。

「プランタゴ・オバタ」は
オオバコの仲間で、漢方薬の成分
としても有名です。

便秘薬として用いられるのは、
特にプランタゴ・オバタの種子の
皮殻の部分です。

プランタゴ・オバタの効用

プランタゴ・オバタの便秘に対して
効果があるといわれる第一の理由は
食物繊維の豊富さと言われます。

プランタゴ・オバタは、
全草の約80%が不溶性食物繊維
と言われます。

不溶性食物繊維を多く含む植物で
明日葉が100g中4.1g
ケールが100g中3.2g
ですが

プランタゴ・オバタに食物繊維が
豊富と言っても、含有量は確かな
数値がありません。

ましてやコーラックに含まれる
ブランタゴ・オバタの含有量は
定かではありません。

食物繊維の多い食べ物
を参照してください。

明日葉やケールを含んだ食品として
青汁があります。

便秘薬は一時的な治療薬です。

普段の生活習慣のなかで
食物繊維を摂ることをお勧めします。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です