卵とコレステロール

egg101

卵とコレステロール

たまごを食べても、悪玉コレステロール
を増やす心配はありません。

卵黄に含まれる「レシチン」
いう物質がコレステロールが体内に
蓄積するのを抑え

悪玉コレステロール値を低下させる働き
があるのです。

●さらに卵には、悪玉コレステロール値
を低下させるオレイン酸という脂肪酸が
含まれています。

●レシチンやオレイン酸は、悪玉コレス
テロール値を低下させるだけでなく善玉
コレステロール値を増やしてくれる働き
があるのです。

80%は体内で作られる

私たちは1日に約100~400mgの
コレステロールを食物から摂取している
と言います。

しかし、1日に必要とするコレステロー
ルの約80%は、肝臓をはじめ体内で
作られているのです。

食物により摂取するコレステロールは
20%にすぎないのです。

健康な人であれば、体が血中コレステ
ロール値を調節してくれるため、食品
から摂取するコレステロール量を過度
に気にする必要はないのです。

1990年から10年間、10万人を
対象に厚生労働省研究班が卵とコレス
テロールの関連に関して生活習慣病の
疫学追跡調査を行いました。

2006年11月調査発表によると
「たまごをほぼ毎日食べる人」と、
「週に1~2日しか食べない人」を
比較しても「血中コレステロール値
や心筋梗塞の危険性は変わらない」
といいます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です