トマトの効能:強い抗酸化作用で血糖値を下げる

tomato102

リコピンとはカロチノイドの一種で
トマトやスイカなどに含まれる赤色の色素です。

カロチノイドは緑黄色野菜に多く含まれ
現在600種類以上が知られています。

カロチノイドは活性酸素を消す
強い抗酸化力を持っているのが特徴です。

代表的な物としてはαカロチンやβカロチン,リコピンなどが
ありますが、その中でもリコピンは抗酸化力がとても強いと
いわれ、βカロチンの2倍、ビタミンEの100倍の抗酸化力
を持ちます。

リコピンの強力な抗酸化力により
血糖値を下げ、動脈硬化を予防し、ガンの予防にも効果がある
と言います。

トマトの美容効果

リコピンが有する抗酸化作用がもたらす効果として体内の細胞が
活性酸素に侵されることを防御してくれるわけで

これが血糖値を下げたり、動脈硬化の予防にもなっているのです。

活性酸素が発生する原因のひとつに「紫外線」があります。

紫外線が肌に当たると活性酸素が発生し、シミやシワ,たるみの
原因になります。

リコピンはシミの原因になるメラニンを生成するチロシナーゼの
働きを抑制する効果があり、シミやしわなどの老化を防止する
美容効果もあるのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です