Sponsord Link

子供のための剣道上達法

剣道を習い始めた子供たちと一緒に剣道場に通う親御さんが増えていると言います。子供達も剣道着を着て、袴をはくとどこかシャッキとするようです。道場で防具をつけて竹刀を振りながら先生に打ち込んでいくのを見ていると、「頑張れ!」と応援したくなるものです。

 

剣道を始めて半年もすれば、子供ながらにもっと上手になりたいと思うものです。道場で先生方に教わりながら、竹刀を振るのも上達の一歩なのですが、稽古の無い日でも毎日素振りをするのが上達への近道です。

 

しかし、むやみに100回200回と素振りをするのなら、竹刀の刃筋、竹刀の持ち方、握り方、手の絞り・・・相手と対戦するのをしっかりイメージしながら、素振りを行うのが良いでしょう。そして、素振りの成果を道場で確認することが大事なのです。そのためにも剣道プログラムのDVD動画はイメージトレーニングに最適なのです。

 

もし、お子さんを一日でも早く上達させたいと願うなら、剣道プログラムDVD動画を何回でも見せるようにして下さい。正しい素振りを何回でも見ることにより、頭に叩き込ませ、イメージを体得させることが、お子さんを上達させるのです。

 

剣道のDVD教材はいくつかあります。どれも経験や実績のある先生方が教えています。しかし、稽古にしても能力に応じた教え方をするように、初心者に高度な技術を教えても、役にたちません。

 

今回紹介する剣道教材は、少年剣士3000人を指導し、全国大会で優勝者を出すほどの実績を持つ、柏武道館館長、菅野 豪先生、教士7段が作成公開している「少年剣道上達プログラム」DVDです。


柏武道館館長、教士八段、菅野豪先生のプロフィール

今回紹介する「少年剣道上達プログラム」DVD作成者、菅野先生のプロフィール、業績は次のとおりです。

 

柏武道館 館長、剣道教士八段
45年に渡り、柏武道館にて延べ約3000人以上剣士を指導する。
1943年生まれ。
宮城県立伊具高等学校卒業後、警視庁に奉職。
千葉県柏市内で少年剣道指導を始め、1979年に警視庁退職。
柏武道館を設立し、剣道指導に専心、「全国少年剣道錬成大会」優勝を果たす。第九回全日本剣道選手権大会優勝者の岩佐英載選手を始め多くの強豪剣士を輩出。
◎ 剣歴
・千葉県剣道道場連盟会長
・全日本剣道道場連盟評議員
・千葉県剣道連盟審議員
・柏市剣道連盟顧問
◎ 指導実績
全日本選手権大会
第49回 全日本選手権大会 優勝   ━ 岩佐英範 選手 (柏武道館OB)
第50回 全日本選手権大会 準優勝 ━ 岩佐英範 選手 (柏武道館OB)

 

全日本実業団剣道大会
第50回 全日本実業団剣道大会 優勝 ━ 日通商事  副将 只野裕樹選手 (柏武道館OB)

 

全日本実業団剣道大会全日本都道府県剣道道場対抗優勝大会
平成14年 柏武道館チーム 準優勝
大将 千葉 進
副将 岩佐 紀路
中堅 安川 康雄
次峰 石井 圭人
先鋒 上村 悠也

 

高校インターハイ
平成13年 男子個人 準優勝 増田幸太郎 (桐蔭学園高校)
平成14年 男子団体 優勝   安川拓也   (桐蔭学園高校 中堅)
平成17年 男子団体 優勝   中村哲也   (安房高校 次鋒)
平成22年 男子団体 優勝   千葉由樹   (安房高校 副将)
平成22年 男子個人 優勝   千葉由樹   (   〃   )
平成24年 男子団体 優勝   村上 武 (桐蔭学園高校 中堅)
平成24年 男子個人 第三位 村上 武 (桐蔭学園高校)
※以上、柏武道館OB

 

中学校剣道大会
平成17年 関東中学校剣道大会 男子個人 優勝 上村悠也 (逆井中・門下生)
平成17年 全国中学校剣道大会 男子団体 優勝 逆井中学校 (選手全員門下生)
平成19年 関東中学校剣道大会 男子団体 優勝 逆井中学校 (選手4名・門下生)
平成19年 県中学校新人戦大会 男子個人 優勝 村上 武 (逆井中1年・門下生)
平成24年 県中学校総体剣道大会 男子個人 優勝 賀川達矢(逆井中3年・門下生)
平成24年 県中学校総体剣道大会 女子個人 準優勝 後藤晴香(千葉国際中3年・門下生


口コミ(推薦者の声)

■岩立三郎さま 範士八段 松風館師範、全日本剣道連盟審議員、
全日本高齢者剣道連盟会長、尚美学園大学剣道部師範

 

この度、菅野 豪先生の少年剣道上達プログラムDVDが制作され、世に出ることになりましたことは、まことに時宜を得たものと思います。監修された柏武道館 菅野先生は45年という長い年月に渡り少年剣道を指導され、多くの剣士を育成されてきました。
側で見ていて、指導力・実績・剣道、そして何よりも、子供たちの剣道を通した成長に対する情熱は類まれなるものがあります。
これから剣道を始めようという子供達、より一層上達したい少年剣士はもとより、剣道の基本的なことで悩んでおられる方々にお勧めいたします。
きっと参考になることと思います。
剣道を習うには、まず良師を選べと言われます。
正しい基本をしっかりと身に付けていかなければ、上達につながりませんし、長続きはしません。
しっかりとした土台を作り、そして技を身に付けくりかえし、くりかえし練磨して初めて剣道は身に付きます。継続して稽古を続けていかなければなりません。
この少年剣道上達プログラムは、そんな少年剣士に大いに参考になると思います。

 

■細川 昭浩さま 教士七段 埼玉県川越市在住 
川越市剣道連盟所属古谷剣友会師範

 

40年前柏武道館菅野先生に小学校1年生から指導して頂きました。
菅野豪先生の指導で得た剣道の正しい基本があったからこそ、現在の剣士としての実績を身につけることができました。国際武道大学を卒業して現在地に住み、子供たちの剣道の指導に携わっています。実際に今、指導者として子供たちに接する機会が多く、指導に悩むこともありますが、そのような時はいつも、かつて菅野先生に教わった柏武道館での稽古方法や稽古への心構えを思い出しながら、子供たちと一緒に日々精進しています。
この度、制作された少年剣道用のDVDでは、そんな、かつて私たち弟子が教わった剣道の最も大事な基礎や精神が凝縮されたものになっています。これから剣道を学ぼうとする人たちに、大いに参考になると思います。
どんな武道でも、スポーツでも正しい稽古法を知るだけでなく、反復実践してこそ大きな上達を達成できることは、私自身も体験していることです。 
菅野先生の指導映像で多くの方がご自身の剣道を極める一助にきっとなると思います。

 

■増田幸太郎さま 剣道五段 東レ株式会社(滋賀)剣道部キャプテン
全日本剣道選手権大会 出場

 

小学4年生から柏武道館に入門し、菅野先生の指導を受けました。法政大学を経て、現在の東レで剣道を修業してきました。最初に指導を受けて正しい基本を身につけさせて頂き、現在にいたっています。剣道は子供の頃、一番最初に受ける指導が非常に重要なことはよく言われることです。少年剣士が高校、そして社会人剣士となり実績を上げるため、剣の道を磨いていくためにも、最も重要な基礎を固める稽古を解説した良い教材が必須です。
そんな内容を網羅した菅野先生のDVDが、製作されたと聞きました。
多くの子供の様々な性格や体格、体型に応じて数えきれないほどの剣士を育ててきた先生の教材が、きっとこれから剣道を学ぼうとする人たちに参考になると信じています。

 

 

購入方法

商品の購入はこちら