不倫・婚約破棄・慰謝料問題専門アドバイザー>慰謝料請求の基本原則と証拠

 

不倫・婚約破棄専門の総合コンサルタント

 

不倫・浮気・婚約破棄・妊娠中絶ほか慰謝料請求の無料相談

 

トップ 浮気・不倫 婚約破棄 慰謝料請求 内容証明 事件事例 お問い合わせ

 

浮気・不倫・離婚・婚約破棄・妊娠中絶など調査と総合コンサルタント

浮気調査の常識を変えた

過去の証拠も取ることが出来るのです

 20分まで 電話相談無料

 

慰謝料請求には証拠が必要!!

都内および近県の相談につきましては、お近くまでお伺いします

電話でのご相談

 

 
 ■浮気調査の依頼をする前に
あなたの大切な人が”もしかして、浮気をしている?”と
疑わしいと思ったとき
とても大切な原則があります。
 1.真実を確認すること
あなたの大切な人が”浮気をしている?”と思うと
誰でも悪いことばかり考えてしまうものです。
「浮気をしている」と決めつけてしまう人もいます。
自分の感情を抑えることは、少し難しいことかもしれませんが
真実をつかむまでは、冷静な行動をとることが大原則です。
2.証拠を取ることを優先してください。
浮気をしていることが、あなたの思い込みであれば良いのですが
浮気が真実ならば、婚約破棄、離婚など慰謝料問題になってきます。
その時は、「証拠」が必要になるのです。
何をするにしても、「証拠」をつかむことを最優先にして下さい。
  3.相手を問い詰めてはいけません
携帯電話のメールや写真に気がついても
「これは何なの?」「この人は誰なの?」などと問い詰めては
いけません。
もし、本当に浮気をしている場合、大切な証拠がなくなってしまう
可能性があるからです。
4.ネットやサイトの情報を信じてはいけません
浮気に関する情報がWEBサイトにはたくさんあります。
正しく書かれているサイトもあれば経験不足の人が書いている
サイトもあります。
一般の人には、何が正しいのか、見極めることが難しいのです。
一つ言えることは、あくまでも一例であったり、平均的なことで
あなたに適合するとは限らないのです。
 5.相談相手を間違えたらいけません。
正しい相談相手かどうか判断できればいいのですが
これまたなかなか難しいのです。

・上司や友人
法的な正しい知識がなく、単に個人的な推測や考えを言うだけの場合が
多いのです。
仮に経験があるといっても、正しい対処ができるほどの
経験や知識のある人は極めて少ないのです。

・弁護士、行政書士
慰謝料請求など法的手続きに関してはプロかもしれないのですが
「証拠」の取り方については”素人”と思って下さい。

また、民事事件を担当する弁護士さんは、資格取得後2〜3年という
若い弁護士さんが多く

恋愛経験、社会経験の面から考えると、経験不足と言える人が
多いとも言えます。

・探偵事務所、調査事務所
慰謝料請求まで考えての証拠が必要なのです。
単純に”浮気の証拠”だけでは不十分な場合が多いのです。

離婚問題、婚約破棄問題、不倫問題など
法律を考慮した「証拠」をとる事務所でなければ
価値が半減してしまいます。
 
どんなものが証拠になるのか
多くの人が証拠に対して大きな勘違いをしています。
自分本人がわかっていても「証拠」とは言えません。
まったく知らない他人が見ても「浮気」だとわからなければ
なりません。

証拠には写真、手紙、メール、録音テープ、宿泊申込書、
誓約書などがあげられますが
意外と知られていないのが、継続的に書かれた”日記”も
証拠になるのです。

半面、家族や友人や、会社の人など”証人”がいると
証人が証拠になると思っている人が多いのですが

民事事件の場合は、証拠にならないと思って下さい。
 1.浮気現場の写真
あなたが写真を見て「間違いない」と思っても
第三者が見て、わからないものであれば「証拠」としては
不十分なのです。
 2.メール
最近は、携帯メールにより浮気が発覚したり
慰謝料請求の裁判では証拠として提出されたりします。
感情的になって、メールの履歴を削除してしまう人も多いのですが
メールはかなり強力な証拠になります。
絶対に削除しないで下さい。
 3.録音テープ
民事裁判においては、録音テープを証拠として提出することは
ありません。
録音内容を、そっくりそのまま文面にしなければなりません。

そして、とても大切なことがあります。
それは誰が話をしているのかわからなければなりません。
あなたにはわかっていても、誰が話をしているのか
第三者がわからなくてはいけないのです。
 4.ホテルなど宿泊の申込書
浮気の流れから、都内ホテルや温泉へ行く場合もあります。
ホテルの宿泊申込書(ネットからの申し込みも可能)で
本人の名前と人数がはっきりすれば、有力な証拠と言えます。
 5.誓約書
浮気の謝罪を求めて誓約書を書かせる人も多いのです。
この時に大切なのは、浮気の事実、日付、署名を書かせることです。
また、誓約書を書かせる場所も大切な要素なのです。
 ■あなたがしなければならないこと

 

ウェルエージェンシーと申します。

弊社は20年探偵業を経営していますが

浮気調査といいながら、結果も出ないで高額な料金を取る

探偵業界を見てまいりました。

 

高額な料金を払って浮気の証拠を取ることが目的と勘違いされて

いる方も非常に多いのです。

 

あなたは何のために浮気調査をしようと考えているのですか?

その多くは離婚問題・婚約破棄問題そして慰謝料問題に対して

証拠を取るのが目的なのではないでしょうか?

 

しかし、何も”浮気調査”をする必要などない場合があるのです。

と言って”証拠”が必要ないということではありません。

 

浮気調査をしなくても

慰謝料請求するために価値ある証拠を取ることができるのです。


今、あなたがしなければいけないこと
それは、浮気調査を依頼することではなく
勇気をもって相談することなのです。

浮気調査を依頼する前に、勇気をもって相談して下さい。

 

あなたの悩みや解決方法を親身になって考え

あなたにとって最善の方法をアドバイスいたします。

 

 

過去の浮気の証拠も取れるのです


探偵とか浮気調査ときくと
車の中や物陰に隠れて、張り込みをして
相手を尾行して、浮気現場の写真を撮る・・・・・


そんなイメージを持っているのではないでしょうか?


以前に浮気をしたことははっきりわかっているけれど
今はその兆候がなくなった。

しかし、どうしても相手を許せない。
慰謝料請求したい。
でも、今更浮気の現場を押さえるのが難しい
今となったら浮気の証拠を取ることができない。、


こんな理由で、あなたはあきらめようとしていませんか?

あきらめることはありません。!
過ぎ去った過去の浮気の証拠でも
取ることは可能なのです。

ウェルエージェンシーでは「独自の方法」で
いくつも過ぎ去った浮気の証拠を取っています。
まずはご相談下さい。

 

 

内容証明を出すのはまだ早いのです。

 

法律がわかった 、慰謝料請求してやる!!

ちょっと待って下さい。

 

慰謝料請求するには

法律の知識を持つことは確かに重要です。

 

法律を知ったからといって

解決出来るほど簡単なものではないのです 。

 

弁護士に相談して内容証明書を出して

慰謝料請求することが正しいと思っていませんか?

 

必ずしも間違いとは言えませんが、

内容証明を出すには”タイミング”がとても大切になるのです。

 

慰謝料請求するには内容証明書を出すことは

必ずしも適切な方法とは言えないのです。

 

 

調査トップ浮気・不倫問題婚約破棄慰謝料請求|内容証明書

Copyright(C)1995-2015 Well agency, all right reserved